CueMol2

Windows7,XP等

GUI等,大体の機能が使用できます.

  • Win32でOpenGLが使える環境で動きます(Win98, WinMEではたぶん動かないと思います, NT4.0も微妙だがたぶん動かない).
    • OpenGLのバージョンによってごく一部使えない機能がある.(OpenGL 4.0以上だと問題ないですが,1.4とかだとごく一部の機能,たとえばPNG書き出しができない)
  • 画面の色:16ビット色以上が必要です.8ビット色モード等では動きません.
  • GeForceやRadeonなど,ある程度3D機能があるボードが推奨.それ以外でも動きますが.
  • 液晶シャッターめがねを使う,StereoGraphics社やnvidia 3D vision+Quadro等のハードウェア・ステレオに対応しています. 一応ELSA Quadroで動作確認しています.
  • QScriptは使用できません.

MacOS X

GUI等,大体の機能が使用できます.

  • MacOS X version 10.6 (Snow Leopard) 以降でないと動きません.
    • OpenGLのバージョンによってごく一部使えない機能がある.(OpenGL 4.0以上だと問題ないですが,1.4とかだとごく一部の機能,たとえばPNG書き出しができない)
  • 機能制限などはWindowsとほぼ同じ
  • ただし,多分ハードウェアステレオは使えない

UNIXとUNIXライクなシステム

現在Binaryは配布していませんが,svnからsourceを取得してコンパイルし使用することができます.

CueMol1

Windows

GUI,QScript等,すべての機能が使用できます.

  • Win32でOpenGLが使える環境で動きます(Win98, WinME, NT4.0, … 等でも動くはず).
  • 画面の色:16ビット色以上が必要です.8ビット色モード等では動きません.
  • GeForceやRadeonなど,ある程度3D機能があるボードが推奨.そうでなくても動きますが.
  • 液晶シャッターめがねを使う,StereoGraphics社 等のハードウェア・ステレオに対応しています. 3Dfx OxygenGVX1, ELSA Quadro等では動作確認しています. 多分他でも動くと思いますが, 他の環境で試した方は知らせていただければありがたいです.

UNIXとUNIXライクなシステム

今のところGUIが使えません. QScriptを使用すれば,バッチ処理でPOV-Ray形式に書き出す,みたいな使い方ができます.


Last-modified: Sun, 20 May 2012 13:55:54 JST (2014d)