ライセンスについて

CueMolは,CueMol自体の独自コードと,他に以下のライブラリーなどを使用しています.

各ライブラリーの部分に関しては,それらのライセンス事項に従います.

CueMol is developed by the following contributors:

  • Ryuichiro Ishitani, mm1.pngmm2.png
  • Takanori Nakane (PyMOL session file importer)

非商用利用

非商用利用の場合は無料です. しかも,もちろん無保証です. (このソフトを使用して生じた損害などに関しては何ら責任をおえません)
CueMol本体に関してはソースコードを含め,GPLv3に従います.

商用利用

商用利用の場合も,無保証で良いようなら無料でご使用いただけます. すなわちこのソフトを使用して生じた損害などに関しては何ら責任をおえません.
また,どのような用途に使用されるかmm1.pngmm2.pngまでご連絡いただければありがたいです.

論文等における引用

論文作成等でCueMolを使用した場合は,以下のように引用し,使用に言及するようにしてください.

寄付

CueMolプロジェクトへの寄付を受け付けています. 詳しくは,sourceforgeのdonationのページをご覧ください. (寄付には,PayPalのアカウントが必要です)

外部ソフトウェアについて

CueMolの機能をフルに使うためには,以下に挙げるいくつかの外部ソフトウェアを使用する必要があります.このサイトでは,簡便のため,これらのコンパイル済みのバイナリ―を配布している場合がありますが,配布はすべてそれらのソフトウェアのオリジナルのライセンスに従います.


Last-modified: Thu, 27 Oct 2016 13:38:56 JST (393d)