Documents

アニメーション

このセクションではversion 2.1.0.241以降で導入された アニメーション作成機能について説明します.

Sample scene fileが以下からダウンロードできます.

アニメーション・パレット

CueMol2.1以降では,以下のようなアニメーション・パレットがサイドパネルに追加されています.

anim-palette1.png

表示されていない場合は,メニューの「Window」→「Panels」→「Animation」で表示させることができます.

通常,新規作成したシーンは,上図のように項目が空で,何もアニメーションがない状態になっています.

アニメーションの追加

新たにアニメーションを追加する方法を,単純スピン・アニメーションを例にとって説明します.

まず,適当なPDBファイルを開いてリボン表示をさせてください. この例では,Lysozyme (1QIO)を使用していますが,それ以外でも構いません. そして,画面をLysozymeの中心に持ってきておきます.

次に,アニメーション・パレットの「+」ボタンを押すと, 下図のようにドロップダウン・メニューが表示されます. そこから,Simple spinを選びます.

anim-palette2.png

アニメーションの設定

アニメーション(Simple spin)の追加を行うと,以下のようなSimple spinの設定ダイアログが表示されます.

anim-simplespin-2.png

共通設定

アニメーションの設定には,共通設定と,個々のアニメーションに特有の設定があります. DialogのCommon settingsの項目は,他のタイプのアニメーションにも共通な設定項目です. ここでは,共通設定について説明します.

Name
アニメーションの名前です.デフォルトで他のアニメーションと被らない名前が付けられますが,独自の名前を付けたい場合は変更してください.
Disabled
チェックすると,アニメーションが存在しないものとして扱われます.動作テストなどに使用します.
Start time
アニメーションの開始時間です. デフォルトでは,現在あるアニメーションの最後の時刻が開始時間になります(すなわち最後尾に新規追加したアニメーションが追加される). 時間の指定様式については,下記を参照してください.
Relative to
Start timeの時間指定が,アニメーション開始時点からの絶対時間(absolute)か,他のAnimation objectに対する相対指定かを選択する.ここではAnimation objectが1つしかないので,absoluteを選びstart timeは0に.(相対指定については後述cuemol2/Anim_Cmbで具体例を挙げて説明しています)
Duration
アニメーションの継続する時間を指定します. デフォルトでは1秒継続するアニメーションになっています.
Quadric
アニメーションの時間経過に対する反応座標変化の様式を指定します.(といっても意味が分かりにくいと思いますので,後述cuemol2/Anim_Cmb#quadricで具体例を挙げて説明しています)

時間の指定

時間の指定は,すべて下図のようなウィジェットで行いますが,

time_widget.png

一番左の桁から「時間(hour)」,「分(min)」,「秒(sec)」,「ミリ秒(msec)」を指定します.

ですので,

 0:0:1.23

と指定した場合は,1.23秒ではなく,1秒23ミリ秒=1.023秒という事になります.

Simple spin特有の設定

DialogのSimpleSpin settingsの項目は,Simple spin特有の設定項目です.

Rotation angle
スピンの回転角を指定します.デフォルトでは360度で1回転するようになっています.GUIの都合上360度以上は指定できません.(何回も回転させたい場合は,後述のGenericタブからangleプロパティーを直接指定してください)
Spin axis
スピンの軸を指定します.左のドロップダウン・リストボックスでX, Y, Z axisを指定すると,それぞれの軸でスピンするようになります.Y軸が画面に垂直,X軸が水平な軸となっています. Cartesianにすると,右のエディットボックスに数値を指定できるようになるので,軸のX,Y,Z座標値を手入力してください.デフォルトではY軸周りに回転するようになっています.

設定の意味は以上のようになっていますが, ここはまずすべて初期値のままでOKボタンを押してください. すると,下図のように,パレットに追加されたアニメーション項目が表示されます.

anim-palette3.png

以上で作成したシーンは, lyso_simplespin1.qscからダウンロードできます.

アニメーションの実行

次に,作成したアニメーションを実行してみます. ツールバーの上にあるタブのうち,Animationというのをクリックすると, Animation ribbon (アニメーション再生UI)が表示されます.

anim-ribbon1.png

各ボタン等の役割を以下で説明します.

Play
Animationの再生を開始します.開始すると,Pauseに変化します.
Pause
再生前は表示されていませんが,再生中に押すとanimationが一時停止します.
Stop
Animationの再生を中止します.
Loop
チェックすると,animationが終了後自動的に開始時に戻り再生を開始します(ループ再生).
スライダー
アニメーションの時間のうち,現在どの時間に居るかを示しています.ドラッグすることで指定した時間にジャンプすることができます.

以上のAnimationバーを使用して再生を行うと, 以下のyoutube動画のようになるはずです.

アニメーション項目の設定再変更

以上でY軸周りに1周回転するアニメーションができましたが, アニメーションの設定を変更したい場合は,アニメーションパネルから該当項目(この場合はSimpleSpin1しかない)を選び,ダブルクリックします.

anim-palette3.png

すると,上記で説明した設定ダイアログが現れ,回転角度などの設定を変更できます.

anim-simplespin-2.png

例えば,1回転が1秒は速すぎるというなら,設定ダイアログでDurationを例えば5秒(0:0:5.0)に変更して, 再度再生してみてください.5秒かけて1周するように変わるはずです.


Last-modified: Sat, 21 Mar 2015 23:26:29 JST (919d)