Name

error — 例外の情報を保持するクラス

Description

例外の情報を保持するクラスであり, throw文やその他の実行時例外により自動的に生成される. 発生した例外に関するメッセージや,発生時の実行コンテキストのダンプ等を保持している. Section 3.6.14, “throw文”Section 3.6.15, “例外処理文”も参照のこと.

Method

getMessage

string getMessage();

発生した例外の情報をあらわす文字列を取得する.

printStackTrace

void printStackTrace();

例外が発生した時点でのコンテキストのダンプを 可読な形式で標準エラー出力にダンプする.